プリウスはまだまだ人気があり、大幅な値引きが厳しい車種といえます。
インターネット上にある値引き情報を見ると「値引き額50万円!」といったものもありますが、実際のところ、そこまで値引きしてもらうのは、ほとんど無理と考えたほうがいいでしょう。
ネット上にある値引き情報をそのまま鵜呑みにしてしまうのは、危険なので注意してください。

実際のところ、プリウスの値引きは25万円前後なら十分に合格ラインといえます。
これからプリウスに乗り換える予定がある人の大半は、ディーラーに今まで乗っていた車を下取りに出すのではないでしょうか。
下取り車をどう活かすかでお得度が大きく変わってくるので、十分に注意しましょう。

最初にも述べたように、ネット上で見る値引き情報には50万円、60万円と値引きしてもらったという話がよくあります。
実はこれには仕掛けがあり、そのカギとなるのが下取り車です。

たとえば、あなたが営業マンからこう言われたらどう思いますか。

「通常はここまでの値引きはないのですが、今回は特別に許可が出たのでプリウスの車体価格を60万円値引きします」

恐らくほとんどの人は「やった!」と思うのではないでしょうか。

しかし、こういったことは下取り価格を調整すれば簡単にできることです。
簡単に言うと、車両本体価格を下げたとしても下取り価格を下げれば、店側の利益は変わらないというわけです。

あまり情報に詳しくない人だと下取り価格までに考えが及ばず、単純に値引き額だけで喜んでしまうことも少なくないようです。
ディーラーの術中にハマらないよう、下取りへ出す前にしっかりと値引きの相場を掴んでおくことが重要です。

環境に配慮したハイブリッドカーは、近年とても人気があります。
中でもトヨタのプリウスは多くの人に支持され、街の至る所で見かけるようになりました。
非常に人気がある車種ですから、なかなか大きく値引きをしてもらうことが難しい車でもあります。

大きな値引きをするほど、販売する側の利益が減ります。
最近では昔ほど車が売れなくなっており、ディーラーとしても利益が減るのは歓迎できることではありません。
特にプリウスのような人気車種は、さらに値引きが厳しくなってくるはずです。

インターネット上には、さまざまな値引き情報サイトがあります。
こういった値引き情報を見ると、「プリウスを50万円値引きで購入できた!」といったコメントを見かけることがあります。
しかし、このような値引き額のほとんどは、営業マンによるちょっとした仕掛けがなされています。

その仕掛けとは、下取り車の査定額です。
車を乗り換える際には、今まで乗っていた車をそのまま下取りに出して代金に充当しようと考えるのが普通です。
たとえば、「お客様のお車の査定額は50万円でした。しかし、今回は特別に70万円で下取りさせていただきます」と言われたらどうでしょう。
誰しもが「儲かった!」と思うに違いありません。

しかし、実はこの時点で営業マンはサバを読んでいることが多いのです。
下取りに出す車の相場価格が、本当は65万円だとしたらどうでしょう?
そこまで値段は上がっていませんよね。

このようなテクニックは、購入する側が下取りの相場を知らないからこそ使える技です。
そのため値引き情報だけでなく、下取り額の相場を抑えておくことも大切です。

プリウスを安く購入するには、値引き情報を知っておくことが大切です。
ネット上にはさまざまな値引き情報が掲載されており、それらを見ておくことで、どのくらいの値引きが期待できるのかという相場を知ることができます。

そしてもうひとつ、プリウスをお得に手に入れるために知っておいて欲しいことがあります。
それは、現在乗っている車をいかに高く売るかということです。

皆さんの中には、新車のプリウスを買おうとしているディーラーに、そのまま下取りに出そうと考えている人も多いでしょうが、それはちょっと待ってください。
ディーラーでの下取りは、そこまで高値を期待できません。

場合によっては、下取り額が高くなる代わりに本体価格の値引きがダウンすることもあります。
そのため、高く車を売りたいと考えているなら、まずは中古車買取店の一括査定を受けることをおすすめします。

インターネット上には、無料で利用できる中古車買取店の一括査定サービスがたくさんあります。
こういったサービスを利用することで、あなたの車にどのくらいの価値があるのか、相場を知ることができます。

もし、ディーラーへ下取りに出すとしても、この相場を知っているかどうかで変わってくるはずです。
何の情報もないまま下取りに出してしまうと、後になって後悔する可能性があります。

インターネット上で利用できる一括査定サービスなら、店舗を回る必要もなく数分もあれば見積もりの申し込みができるので、まずは一度利用してみることをおすすめします。

国内のハイブリッドカーの代名詞的存在であったプリウスですが、最近は同じくトヨタから販売されているアクアにその座を譲っているようなイメージがあります。
そんな中で、根強い人気を保っているのがプリウスαです。

見た目はプリウスとほとんど変わりがないにもかかわらずとても大きな荷室があり、初めて見た人にはその広さに驚く人も多いようです。
また、評判も上々で人気も高いため、値引き情報を見ても、そこまでの値引きは期待できない感じです。
プリウスαの値引き情報を調べてみると、相場は15万円から20万円というのが合格ラインのようです。

プリウスαの競合車として考えられるのは、ホンダのフリードハイブリッドです。
ボディサイズはだいぶ小さく、値段もプリウスαより70万円ほど安くなりますが、他に競合車として見当たるものはありません。
ハイブリッドカーで3列シートとなると、かなり範囲が狭まります。

プリウスαがボディの長さでスペースを確保しているのに対して、フリードは高さによってスペースを確保しています。
また、ボディサイズが小さいことから小回りも効きます。
加えて視界もよく、荷室の大きさにそこまでこだわらないのなら、プリウスαよりも使い勝手はいいかもしれません。

プリウスαにしろ、フリードハイブリッドにしろ、ハイブリッドカーはまだまだ人気があります。
そのため値引き額も厳しくなりがちなので、下取り額の上乗せやオプションの値引きやサービスなどで、その分をカバーしたいところです。

大幅な値引きが期待できないといわれる車種の代表でもあるプリウスですが、最近では徐々に値引きが拡大傾向にあります。
近年の値引き情報の推移を見ると、それが感じられることでしょう。

これはプリウスの人気がなくなってきたというよりも、同じくトヨタのハイブリッドカーであるアクアの販売が好調であるためともいえます。
最近では、ハイブリッドカーの代名詞をアクアに譲っているような印象もあります。

プリウスのライバルとなる競合車種を考えると、まずあがってくるのがホンダのインサイトです。
一時期はプリウスを上回る販売台数を誇っていましたが、今やその影はありません。
ホンダの主力は、フィットや軽自動車に移っている感じです。

他にもマツダのデミオスカイアクティブなどが挙げられます。
こちらも27km/Lと低燃費を誇り、初期費用などもプリウスより安く済みます。
どちらかというと、プリウスよりもアクアがライバルとなるかもしれません。

値引きが厳しい車は、いくらで下取りしてもらえるかが重要になってきます。
下取りの上乗せ交渉をすることで、お得に車を乗り換えることができます。
いくら値引き交渉を頑張ってそれなりの値引き額を獲得したとしても、下取り価格を下げられてしまっては意味がありません。

うまく交渉をするためには、値引き情報だけでなく下取り情報についても知識を持っておく必要があります。
下取り相場が分からないと、交渉をしても店側のいいようにされてしまいます。
必ず事前に情報を集めて交渉に臨むようにしましょう。

プリウスαを安く買うために、事前にインターネット上で得られるいろいろな値引き情報を入手し、実際にディーラーとの交渉を行ったとします。
ある程度の値引きが引き出せたら、今度はプリウスα同士を競合させるのが上手な交渉術です。

競合というと同じような他社の車をイメージする人が多いでしょうが、同じメーカーの車種で行う同士競合も効果があります。

たとえば、「今まではフリードハイブリッドを本命として考えていたのですが、いろいろ見ていくうちにプリウスαの方がいいかなと思いはじめています。そのため、他のトヨタのお店でも話をしてきたのですが、あちらでは○○万円の値引きをすると言われました。しかし、最初にお話をしたのがこちらですので、今はまだ返事を待ってもらっている状態です」
というように話すことで、さらなる値引きが期待できます。

また、交渉が終盤になってきたら、あえて無理な金額を提示するという手もあります。
それで成功すればラッキーですが、さすがにすんなりと話がまとまることは、そうそうないはずです。

その場合は、「このオプションを無料でつけてくれませんか」「ETCをサービスしてもらえませんか」というように、本体値引き以外の部分の希望を出しましょう。
車体価格の値引きには渋い顔をされても、こういった希望は受け入れてもらえることが多いようです。

また、端数をカットしてもらったり、納車時にガソリンを満タンにしてもらったりといったお願いもOKとなる確率が高いようです。

あらかじめ調べておいた値引き情報の相場くらいの値引きが実現できれば、あとはあまり欲張らないことも大切です。
あまりに無理強いすると、店側に悪印象を与えることにもなりかねませんので注意しましょう。

新車を割り引きして買うには、値引き交渉をするのが普通です。
しかし、何度も店まで足を運び、交渉を繰り返すのは簡単ではないので、もっと手っ取り早く値引きをしてもらいたいと考えている人も多いことでしょう。

何度も交渉を重ねず、プリウスαを一発交渉で安く買おうと思うなら、以下のような心構えが必要です。

・値引きの条件次第では即決する。
・条件を満たさなければ購入しない。

こういった考えでないと、短期決戦で決めるのは難しいでしょう。

また、事前にプリウスαの値引き情報を収集しておくことも大切です。
値引き情報をしっかりと調べておかないと、どのくらいの額になれば十分な値引きを引き出せたのかを判断することができません。
相場からかけ離れた条件を提示しては、ディーラー側から「そこまでの値引きは不可能です」と言われ、断られるのがオチです。

プリウスαの車両本体価格の値引き額、オプション値引き額、無料でつけてもらうことが可能なオプション、カットできる諸費用など、事前に知っておくべき情報はいくつかあります。
一発で交渉を成立させるためには、どのくらいまでの割引が望めるのかを把握しておかなくてはなりません。

それを踏まえた上でディーラーに赴き「実はフリードハイブリッドでも交渉を進めていたのですが、プリウスαでもいいなと思いはじめています。もし、プリウスαが○○万円で買えるならこちらで決めます。ダメな場合はやはりフリードにしようと思います」といったように話を持ち掛けます。
現実的な範囲内の額であれば、一度の交渉で話がまとまる可能性は高いでしょう。

大きな値引きを引き出すのが難しいといわれるプリウスの中で、特にプリウスPHVはほとんど値引きが見込めない車種といっていいほどです。
ネット上にある値引き情報を見ても、値引き額がゼロ円だったということも少なくありません。

しかし、だからといって安くならないというわけではありません。
実は、プリウスPHVは値引きをしない方が安く買える車なのです。

プリウスPHVを購入すると、「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」を受け取ることができます。
この補助金は、値引きを受けることで金額が減ってしまうという決まりがあります。
そのため、値引き情報を見てもゼロ円だったということが多いというわけです。

プリウスPHVに乗るためにかかる初期費用は、決して安いものではありません。
真ん中のグレードであるGでも、320万円ほどはかかります。
しかし、先ほど述べたようにクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金を受けられるほか、エコカー減税も100%となっています。
さらに自動車グリーン税制を受けることができ、車自体の燃費もいいので、コストパフォーマンスは良いと言えます。

プリウスPHVは、EVと同じように充電することができます。
加えてハイブリッドシステムを持っているため、近距離ではバッテリー、長距離ならハイブリッドシステムというような使い分けが可能です。

燃費性能は61km/Lほどで、燃費がいい車の代表とされるプリウスと比べても、倍に近い燃費性能があります。
最初にかかるお金は高めですが、長期的に使うことを考えれば、十分金額に見合った性能であるといえるでしょう。

燃費性能が高く、近未来的なデザインが特徴のトヨタプリウス。
改良を重ねるごとにモーターと発電機の性能が上がり、ますます燃費性能がよくなっています。

32.6km/Lという燃費性能は、クラストップレベルです。
改良されたモーターの性能がいいため、1.8Lエンジンながら、2.4L並の動力性能を実現しています。

さらに、ハイブリッドシステムのおかげで静粛性が高いという利点もあり、夜遅くに住宅街を走っていても、音を気にせず運転することができます。
また、遮音材が配置されているため、車内もとても静かです。

そして、プリウスは車内空間の広さも特徴のひとつです。
全幅が大きいため、居住性にとても優れています。
ボディのデザイン的に後部座席は狭いのではないかと思えますが、平均的な身長の成人男性が座っても、天井が気になることはまずありません。
荷室スペースも十分に確保されており、後部座席を倒すことで自転車を積むこともできます。

プリウスのおすすめグレードは、中間グレードであるSです。
もともとプリウスは装備が充実しているので、そこまでオプションをつけなくても十分に満足できるでしょう。

プリウスの値引き情報を見ると、25万円前後がおおよその相場となっています。
もちろんこの数字は、販売されている地域や業者によっても上下します。
こういった値引き情報を知っているかどうかで交渉の成功率が決まってくるので、必ず事前に情報を集めておきましょう。

多くの人に愛用されているプリウスには、通常のプリウスの他に、プリウスα、プリウスPHVなど、いくつかの種類があります。
プリウスとプリウスαは、どういった点が違うかご存知でしょうか。

プリウスαはプリウスをワゴンタイプにしたもので、さらに車内空間が広くなっています。
7人乗りと5人乗りが用意されていますが、人気があるのは7人乗りです。
ワゴンタイプの車ながら、燃費性能は26.2/Lという十分に満足できる数値です。

プリウスαは、プリウス同様に値引きが難しい車でもあります。
値引き情報を見ても、20万円を越えた値引きはほとんどありません。

一般的に値引き交渉の方法として使われている「ライバル車との競合」「決算期を狙う」「同士競合」なども、ほとんど効果がないと言われています。
これは、プリウスαの値引きの上限が低く設定されているためです。
こういった車は、いくら交渉のテクニックを駆使しても値引きされないことが多いので、あまり粘っても期待するほどの成果は得られません。

値引き情報がこのような感じなので、少しでもお得に購入するには他の部分で工夫をしたほうが有効です。
たとえば、現在乗っている車を高く売ることもそのひとつです。

ディーラーにそのまま下取りに出そうと考えている人も多いでしょうが、より高く売るためには中古車買取店で査定してもらうことをおすすめします。
複数の買取店にまとめて見積もり依頼ができる一括査定サイトを活用すれば、あなたの車をより高く買い取ってくれる業者を手間なしで見つけることができます。

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY